子どもマッドサイエンス教室

マッドサイエンスっぽい科学を伝授するぞ!

ドクター・デリート.com

電子工作初心者だった私が意識した必要なスキル5選

こんにちは、諸君。電子工作経験者のドクター・デリートだ。

 

私は電子工作をして数年が経ち、

「このスキルがあってよかった!」

と思うものが5つある。

 

このスキルがあるのとないのでは、

電子工作及び理論の勉強の

スピードがかなり変わってくる。

 

電子工作初心者講座の第一回目として、

今回はスキルの話をしよう。

 

特殊なスキルではなく、

誰でも習得できるスキルなので

気軽に読み進めて欲しい。

 

(後述の重要度とは、緊急性があるかどうかである。

すなわち、すぐに身につけた方が良いかどうかである。

重要度が低い方が緊急性が低いということだ。)

 

 

英語のスキル

重要度 ☆

 

5つのスキルの中で一番習得が難しいスキルだ。

 

なぜこの能力が必要かというと、

電子工作で作りたい物のヒントや答えが

英語で書かれていることが少なくないからだ。

 

私は電子部品実験キットを買ったことがある。

 

そのキットにはチュートリアルがついていたのだが、

書かれている言語に日本語がなかった。

 

そこで、私は自分の英語のスキルとGoogle翻訳

チュートリアルを読み進めていった。

 

このような例は珍しくない。

 

例えば、簡易レーダーを作るとする。

そのとき、その作り方とプログラムは

海外のブログに書かれていたりする。

 

そのようなとき、英語のスキルがあれば、

読むのに大幅に時間を短縮することができる。

 

重要度を星一つにしたのは、

Google翻訳があるからだ。

 

ただし、Google翻訳にばっかり頼っていてはいけないぞ。

 

 

発想力

重要度 ☆☆

 

発想力とは、「こんなものが作りたい」というものの他に、

「この回路をあの電子工作に使えないだろうか」

というものでもある。

 

たとえば、私は

「この画像を読み取るシステムを

黒い線を走る車に応用できないだろうか」

と考えたことがある。

(いうまでもないが、すでに実用化されているものである。)

 

重要度を低めにした理由は2つある。

 

一つ目は、このスキルは電子工作をしていくうちに身に付いていくので、

早急に身に付ける必要がないからである。

 

二つ目は、「〇〇を作りたい」と思っても、

電子工作の経験を積まないと作れないことが

少なくないからである。

 

まずは電子工作キットを作って、経験を積もう!

 

 

理論

重要度 ☆☆☆

 

理論を学ぶと何ができるようになるかというと、

自分で回路を設計できるようになる。

 

重要度を星3にしたのは、

理論を身に付けるのはすぐには難しいが、

いずれは身につけたいものだからである。

 

ただ、理論を知らなくても電子工作をすることはできる。

 

チュートリアルやキットのように、

お手本通りにやれば完成するものも多い。

 

理論を学ぶと、先ほどの発想力から応用が利くようになる。

 

電子工作の経験を積みながら、本やネットで勉強しよう!

 

 

パソコンを扱うスキル

重要度 ☆☆☆☆

 

パソコンを扱うスキルはかなり重要だ。

 

電子工作と聞くと、多くの人ははんだづけをするものを

思い起こすかもしれない。

 

それも正しいが、ArduinoRaspberry Piといった

プログラミングを行う必要がある電子工作もある。

 

プログラミングをするということは当然、

パソコンで文字を打つということである。

 

特に半角・全角の違いは重要なので、

最低限文字を打ったりソフトを起動したりするぐらいは

できるようになろう。

 

このスキルはすぐできるし、早急に身につけた方が良いので

星4とした。

 

パソコンの使い方の基礎を学ぶのは必須のスキルだ!

 

 

調べる力

重要度 ☆☆☆☆☆

 

調べる力とは、わからないことを本やネットで検索することである。

 

電子工作をしていると、チュートリアルやお手本通りにやっても

うまくいかないことがある。

 

そのようなときは、ネットで同じ症例がないか調べるのが得策だ。

 

私の例で言うと、本に書いてあったラジオの電子部品が

店に置いてなかったことがある。

 

そのとき、ネットで検索して、

その電子部品の代わりになるものを探した。

 

結果、無事にラジオを作ることができたのである。

 

意外と同じようなことで悩んでいる人が多く、

解決案を出してくれている人がいるものだ。

 

これが一番大事なスキルだ。

 

 

最後に

電子工作のスキルで言えば、まだまだ私は初心者の方だ。

 

ただ、多くの実験を行ってわかってくることがある。

 

それは・・・

 

「継続は力なり」

 

なかなか自分で設計ができるようにならなくて

電子工作をやめてしまった人もいるかもしれない。

 

そんなときは、初心に戻って電子工作キットをやるのも

一つの手だ。

 

あるいは、PDCAサイクル(目標を立てて問題を洗い出し、実行して調整するスキル)を

回して自分の良いところ、悪いところを改善すると良いだろう。

 

それでは、この辺で。

次回も電子工作初心者講座を行おうと思う。

 

閲覧ありがとうございました。