子どもマッドサイエンス教室

マッドサイエンスっぽい科学を伝授するぞ!

ドクター・デリート.com

【ピカちんキット】たぁーのしー!バッジDJリミックスシューターの遊び方を伝授!!

みなさんは最近発売されたバトルピカちんキット、

バッジDJリミックスシューターはもう手に入れただろうか。

 

音を鳴らすだけでも何種類もあるので楽しい。

私も音楽を鳴らしてはテンションをあげている。

 

つなごうリレーなど、楽しい遊び方はあるが、

新しい遊び方が欲しくなることもあるだろう。

 

そこで、今回は私が新たな楽しい遊び方を

伝授しようと思う。

 

f:id:dr_delete:20191224174825j:plain

バッジDJリミックスシューター

 

ドキドキ!?ピカちんNGワード

遊ぶ人数は何人でもOKだが、

最大4人くらいまでがいいだろう。

 

ルールは簡単。

「イエーイ」「カモーン」「グッジョブ」「チェケラッチョ」の中から、

NGワードを決める。

 

そしたら、ボタンを押す順番を決める。

これで準備OKだ。

 

準備ができたら、一人ずつ雷のマークが二つあるボタンを押す。

 

順番にボタンを押して行って、NGワードを鳴らした人の負け。

「二回NGワードを鳴らした人の負け」など、回数を決めておくと良い。

 

いわば、くじ引きのようなゲームだ。

 

「パスは一回まで」など、

自分でルールを考えるのも面白い。

 

行くぜ!ピカちんじゃんけん

遊ぶ人数は二人。

必要なのはバッジDJリミックスシューター二つと

バッジ3種類×2個だ。

 

まず、バッジを三つ用意しよう。

同じバッジを選ばないようにしよう。

 

そうしたら、選んだ3種類のバッジ×2を用意しよう。

 

ここでは、

ピカちんファイヤー×2個、ピカちんウォーター×2個、ピカちんサンダー×2個を

選んだとする。

 

次に、バッジの優劣を決める。

 

例えば、

ウォーターはファイヤーに強い、

サンダーはウォーターに強い、

ファイヤーはサンダーに強い、

このように決める。

 

相手に見えないようにバッジを選んで、

じゃんけんぽんの合図でバッジをリミックスシューターにセットし、

勝ち負けを決める。

 

例:Aの人がファイヤー、Bの人がウォーターを選んだら、

  Bの人の勝ち。

 

じゃんけんをバッジで行うというわけだ。

 

この二つのゲームはこの動画で紹介している。

youtu.be

 

ハラハラ!ピカちんすごろく

このゲームは何人でも遊べる。

4人くらいで遊ぶといいだろう。

 

用意するものはすごろくとリミックスシューターだ。

もしすごろくがなかったら、私が作ったすごろくを使っても良い。

f:id:dr_delete:20191224181054p:plain

すごろく

 

ダウンロードはこちら。

Dropbox - すごろく - Simplify your life

 

まず、リミックスシューターの音声で何マス進むかを決める。

 

例えば、

「イエーイ」のとき1マス、

「カモーン」のとき2マス、

「グッジョブ」のとき3マス、

「チェケラッチョ」のとき4マス、

というように決める。

 

あとは、普通のすごろくと同じように遊ぶ。

 

いわば、リミックスシューターをサイコロとして使うわけだ。

 

ワクワク!ピカちんビンゴ

これは大人数で遊ぶと盛り上がるゲームだ。

 

準備するものは、

ピカちんバッジ9個以上とリミックスシューターだ。

 

まず、下の画像のように紙に3×3の9個のマスを書く。

これがビンゴシートになる。

f:id:dr_delete:20191224182146p:plain

ビンゴシート

 

次にバッジを9個選び、

選んだバッジの名前をマスに書く。

f:id:dr_delete:20191224182307p:plain

ビンゴシート2

 

そうしたら、バッジがかぶらないように9種類以上選び、

箱に入れる。

 

ここで箱に入れるバッジの種類を増やすと、

難易度が上がって面白くなる。

最低12種類くらいは箱に入れたいところだ。

 

これで準備は完了!

 

箱の中からバッジを取り出し、

取り出されたバッジが紙に書いてあったら、

そのマスにバツ印をつける。

 

それをくりかえしていって、

縦、横、ななめのどれか3マスがバツ印で埋まったらビンゴ。

 

早くビンゴした人の勝ちだ。

 

この2つのゲームはこちらの動画で紹介している。

youtu.be

 

 

いかがだっただろうか。

少し考えただけでもこんなに遊び方がある。

 

みなさんも遊び方を考えてみては

いかがだろうか。

 

閲覧ありがとうございました。