子どもマッドサイエンス教室

マッドサイエンスっぽい科学を伝授するぞ!

ドクター・デリート.com

手軽に実験ができる!今日買ったダイソーのピカちんキットの紹介

みなさん、100円ショップのダイソーには行くだろうか。

私はよく、科学実験の道具を探しに行くことがある。

そこでよく見かけるのが、ピカちんキットである。

 

ピカちんキットとは、アニメである。

そのアニメとダイソーとコラボし、

ピカちんキットの科学キットが発売された。

ここでは、その科学キットを総称してピカちんキットと呼ぶことにする。

 

夏にしか売っていないと思われたが、

今の季節にも場所によっては売っているようである。

 

そこで、私が今日見つけたピカちんキットを紹介したいと思う。

同じ内容物でパッケージが違うものは、一つとみなしたのでご了承ください。

 

 

酢と重曹で風船を膨らませよう

f:id:dr_delete:20191011171944j:plain

酢と重曹で風船を膨らませよう

私も行った実験、酢と重曹で風船を膨らませる実験キットである。

内容物は、風船と重曹と解説書である。

 

自分で用意するものは、酢とペットボトルである。

 

解説書は手順がわかりやすく書かれており、

それだけでなく、どうして科学反応が起こるか解説もされている。

他にも、豆知識や応用が書いてあって面白い。

 

また、記録の仕方まで載っている。

子どもにも安心して行わせやすいと思う。

 

色水であそぼう

f:id:dr_delete:20191011173013j:plain

色水であそぼう

これは科学反応を起こして水の色を変えるキットだ。

 

私は学生の頃、BTB溶液でやったが、

このキットでは紫いもパウダーで行う。

 

科学反応でパッケージのようにきれいな色になるわけだ。

 

ペットボトル温度計をつくろう

f:id:dr_delete:20191011173610j:plain

ペットボトル温度計をつくろう

このキットは、箱が厚い。

何が入っているかと思ったら、透明なチューブである。

 

ペットボトル(とその他もろもろ)を用意すれば、温度計ができるわけだ。

 

100円のキットでペットボトルの温度計が作れてしまうとは、

面白いものだ。

 

立体万華鏡をつくろう

f:id:dr_delete:20191011174400j:plain

立体万華鏡をつくろう

私のイメージでは、万華鏡といったら丸い筒を覗くものだった。

 

これはそういうものとは違い、

立方体の万華鏡だ。

 

筒の万華鏡とはまた違った図形が映し出される。

 

キットの中にはミラーシートが入っている。

 

光る結晶ツリーをつくろう

f:id:dr_delete:20191011174824j:plain

光る結晶ツリーをつくろう

このキットも箱が厚い。

中にはいっぱい材料が入っていた。

 

私の個人的な感想でいえば、

この実験キットが一番お得&面白いと思う。

 

光の不思議を知ろう

f:id:dr_delete:20191011175452j:plain

光の不思議を知ろう

これは、パッケージを見てもわかる通り、

光の三原則の実験だ。

 

この実験はけっこう重要な実験で、

将来、工学を学びたい人には必要だと思う。

 

手軽に光の三原則の実験ができる良いキットだ。

 

塩を育ててみよう

f:id:dr_delete:20191011180033j:plain

塩を育ててみよう

これも箱が厚いキットだ。

 

個々で揃えると100円以上しそうな内容物だ。

 

これは塩の結晶をつくる実験なので、

結晶ができるまでに一週間くらいかかる。

 

好きな形の結晶を作れる。

パッケージのように星型でもいいし、もっと大きなものも作れる。

 

不思議なシャボン玉をつくろう

f:id:dr_delete:20191011180715j:plain

不思議なシャボン玉をつくろう

これは箱がずっしりしている。

なんと、パッケージにかかれているハンカチまで入っているのだ。

 

どんな実験かというと、割れにくいシャボン玉が作れる実験だ。

 

テレビで見たことがあったが、

その秘密までは知らなかったので、

解説がありがたかった。

 

かなりしっかり解説が書いてあるので、

勉強になる。

 

回るカラフルグラスをつくろう

f:id:dr_delete:20191011181224j:plain

回るカラフルグラスをつくろう

これは光の波長の実験である。

 

ただ実験するだけでもきれいだが、

解説を読んで光の波長の仕組みを知っておくと

将来、役に立つだろう。

 

私は高校の物理や大学で光の波長について学んだが、

これはその手始めともいえるかもしれない実験だ。

 

水に浮かぶ文字をつくろう!

f:id:dr_delete:20191011181735j:plain

水に浮かぶ文字をつくろう!

これは数種類のパッケージがあった。

内容物は同じなので、とりあえずこれを買ったが、

どうやら冬の実験キットらしい。

 

これは水に溶ける紙で行う実験だ。

なんと12枚も入っているので、たくさん実験ができる。

 

どうして水に溶けやすいのか、

子どもにもわかりやすく書かれている。

 

また、繊維の話や分子の話もあるので、

化学に興味あるかたは読んでみると面白いだろう。

 

 

いかがだっただろうか。

 

内容物を詳しく書きすぎると

驚きがなくなってしまう可能性を危惧して、

あえて伏せた部分もある。

そこはご了承いただきたい。

 

気になった方は実験してみると面白いと思う。

また、解説を読んで科学に強くなると

より一層楽しくなると思う。

 

私はこれから、

ピカちんキットのアニメを見てみようと思う。

 

閲覧ありがとうございました。